スロットタイプの紹介

現代においてオンラインスロットは、数十年前に数十億ドル規模の産業を生み出したチャールズ・フェイの「Liberty Bell」とほぼ同格にまで成長しました。

自動車整備士であったベルは、「片腕の盗賊」で世界中のギャンブラーの想像力をかきたてました。これは、レバー、3つのリール、1つのペイライン、そしてたくさんのフルーツのシンボルという、伝統的なスロットの道具を備えた、カジノのフロアを飾る史上初のフルーツマシンでした。この革新的なメカニカルスロットは、その後のクラシックなフルーツ柄のスロットマシンがスタンダードとなりました。

その後インターネットが登場しすべてが変わりました。

競争の激しい今日の市場では、昔のような「一長一短」のアプローチは通用せず、開発者は既成概念にとらわれず、信じられないほど多様な嗜好を持つお客様のニーズに応える必要があります。大きな勝利を追い求め、ボラティリティの高いゲームを好むハードコアな人々がいる一方で、小さいながらも定期的な勝利が保証されている、カジュアルで控えめなスピンに満足している人々もいます。

この記事では、Wheelzカジノでプレイできる最も人気のあるタイプのスロットをいくつかご紹介します。

MegaWays

gonzos-quest-megaways

この10年間、オンラインスロットに革命を起こした発明品といえば、間違いなくMegaWaysゲームエンジンでしょう。オーストラリアのBig Time Gaming社によって開発されたMegaWaysスロットは、世界を席巻し、数多くのスタジオのバックカタログに掲載されました。実際、MegaWaysの製品が生産ラインから出ない週はありません。

ではMegaWaysとは何か、そしてなぜこれほどまでに人気を博しているのかをこれから説明します。

MegaWaysは、革新的なシェイプシフティングメカニズムにより、プレイヤーの勝利のチャンスを広げ、通常のスロットゲームにエキサイティングな新風を吹き込みます。通常のスロットでは、ペイラインや勝ち方が固定されていますが、MegaWaysでは、スピン時に表示されるシンボルの数がランダムに変化し、各リールに2~7個のシンボルが表示されます。

MegaWaysの最大の特徴は、117,649通りの勝ち方を可能にすることであり、その可能性は非常に高いものとなっています。お客様は、1回のスピンから次のスピンまでの正確な勝ち筋の数を知ることはできませんが、この謎が興奮をさらに高め、このゲームの圧倒的な魅力を支えています。

MegaWaysを使ったゲームで人気があるのは、代表的なものとして Gonzo's Quest Megaways があります。Red Tiger Gamingの代表的なビデオスロットの壮大なアップグレードですが、ここではMegaWays ゲームの大ヒット作品 Bonanzaについても触れないわけにはいきません。

Cascading Reels

big-bad-wolf

Cascading Reelsは、メガウェイと同様に、ゲームプレイに多様性をもたらし、お客様の獲得賞金を増やすことができる最新のゲームです。

Cascading Reelsが搭載されたゲームをスピンすると、勝ちのペイラインを構成するシンボルが見えなくなります。このプロセスは、シンボルが追加されるたびに、連続した勝利が得られる限り続きます。これにより、1つの勝利が複数の連続した勝利の組み合わせへとスパイラル状に変化していくという、潜在的な利益をもたらす連鎖反応が起こります。

Cascading Reelsは、MegaWaysを搭載したゲームによく見られますが、単独で作動することもあります。

Big Bad Wolfは3匹の子豚の物語をモチーフにしたQuickspin社のアニメ風ゲームです。Tumbling Reelsが採用されていますが、これは開発者独自の機能です。Tumbling Reelsは、シンボルの配置が成功するたびに起動し、シンボルがグリッドの底に落ちて新しいセットのためのスペースを作り、新しい勝利が発生しない限り無限に続くプロセスです。

Cluster Pays

jammin-jars-2

初期のオンラインスロットでは、プレイヤーは最低3つの同一のシンボルをリールに隣接して配置する必要がありましたが、技術の進歩により、開発者は新しいゲームメカニズムを試すことができるようになりました。その中でも、最近お客様に人気なのがクラスターペイで、通常はリールを大きくしてプレイします。

クラスターペイを使用したゲームでは、スピン中にリールの任意の位置に5つ以上のマッチするシンボルのクラスターが表示されるとペイアウトが発生します。これらのゲームは、従来のゲームとは一線を画しており、他とは違うゲームをお求めの方や、5x3リールの左から右への配置に飽きた方に最適です。

iGamingの中心的存在であるPlay'n GOは、クラスターペイに関してはその技術の達人です。その中には、奇抜な宇宙アドベンチャー「Reactoonz」や、鉱山をテーマにした最近の楽しい作品「Miner Donkey Trouble」などがあります。

ライバルスタジオのPush Gamingは、Cluster Paysを使っていくつかの大ヒットゲームをリリースしています。エレクトリックディスコスロットシリーズのJammin' Jarsよりも人気があります。

'Book' ゲーム

legacy-of-dead

読書家であろうとなかろうと、市場に無数に存在する「本」スタイルのゲームの魅力に抵抗することはできないでしょう。

ブックゲームは、ノボマティック社の代表作「Book of Ra」で人気を博しました。ブックゲームは通常、5リール3列、10本のペイラインでプレイされ、多くの場合、古代エジプト人にインスピレーションを受けています。言うまでもなく、このゲームには有名なボーナスラウンドがあり、多くのスロットファンを魅了しています。

このボーナスラウンドは、スキャッターが3つ揃うことでスタートし、フリースピン中に拡大シンボルとなるシンボルがランダムに選ばれます。このシンボルがフリースピン中に登場すると、リール全体を覆うように拡大され、フルスクリーンでの勝利も珍しくありません。Book of Deadでは、トップペイの探検家シンボルでこれを達成すると、ベット額の5,000倍を手にすることができます。Play'n GOの象徴的な作品の成功により、Legacy of DeadやRise of Deadなど、いくつかのスピンオフ作品が生まれました。

最近では、オカルト、西部開拓時代、バビロン、さらにはクレイジーなニワトリなど、様々なテーマのブックゲームが開発されています。そのテーマに関わらず、すべてのブックゲームは、16年前に発売されたノボマティック社の代表的な作品にヒントを与えてカジノの世界では永遠に続いています。

xWays, Pay Both Waysさらに。。。

east-coast-v-west-coast

今日、開発者が利用できるスロットの仕組みはこれだけではありません。オンラインカジノの技術は驚異的なスピードで進化し続けており、開発者は新しいファンを獲得し、ますます混乱する市場で差別化を図るために、作品を微調整する無限の可能性を提供しています。

Wheelzカジノのゲームライブラリを見ると、Pay AnywhereやPay Both Waysなどのフォーマットを採用したゲームが多数あり、従来のゲームに独自のバリエーションを加えていることがわかります。

常に限界を超えようとしているスタジオの1つが、マルタを拠点とするNolimit Cityです。Nolimit Cityは、自社開発のゲームメカニズムを活用して、過去2年間で最もエキサイティングなゲームをいくつかリリースしています。

Infectious 5 xWays、East Coast vs West Coast、San Quentin xWaysなどのタイトルに見られるように、Nolimit CityのxWaysシンボルは、着地するたびに2つ以上の同一のシンボルを出現させ、勝利の可能性を高めます。xNudgeのコンセプトをさらに推し進めて、xWays Hoarder xSplitでは、xSplitというエキサイティングな新機能を発表しました。この機能は、xSplitシンボルの左に位置するすべてのシンボルを分割することで、勝利の道を広げゲームにさらなるスパイスを加えます。

このように Wheelz Casino のゲームライブラリには、これらすべてのゲームに加え、数百種類のゲームが用意されています。今すぐお試しください。